美肌 洗顔

洗顔も重要!正しいやり方教えます。

洗顔の正しいやり方ってどうやるの?

【洗顔の役割】
洗顔は、スキンケアの基本です。
間違った方法で洗顔をしていると、さまざまな肌トラブルを引き起こすことになります。
顔に付いた汗やホコリなどの汚れを洗い流し、余分な異物を排除して、
ターンオーバーを正常に機能させることが、洗顔の大切な役割になります。
洗顔方法を見直し正しい方法で洗顔を行うことによって、ニキビ予防だけでなく、
シミなどの肌トラブル全般の予防にもなりますので、洗顔はとても重要なことです。
【正しい洗顔のやり方】
@手をよく洗う。
 手に付着している雑菌は、ニキビの原因になります。
洗顔料の泡立ちを良くするためにも、石鹸やハンドソープで綺麗に手を洗いましょう。
Aぬるま湯で素洗いする。
毛穴に詰まった汚れを綺麗に取り除くため、ぬるま湯で顔を濡らし顔の毛穴を開かせます。
 ぬるま湯の温度は、32〜35度くらいが最適です。
B洗顔料を良く泡立てる。
 しっかり泡立った弾力のある洗顔料で洗顔する方が、顔の汚れが落ちやすく肌にやさしいです。

 泡立てネットなどを使用すると便利です。
CTゾーンから洗い始める。
 皮脂が多いTゾーンから、やさしく泡を撫でる感じで洗います。
D目や口などのデリケートゾーンを洗う。
 目の周りや口の周りは、皮膚が薄いため、指でこすり過ぎないように注意が必要です。
 ※DE合わせて、1分くらいが目安です。
Eぬるま湯でしっかりと泡を洗い流す。
 洗面器にぬるま湯を入れ、泡をしっかり洗い流します。
 洗顔料の洗い残しがあると、肌トラブルの原因になります。
F清潔なタオルで顔を押さえ水分を拭き取る。
 ゴシゴシ擦らずに、清潔なタオルを顔に押し当て、やさしく水分を吸収させるように拭き取ります。
G洗顔後はすぐに保湿ケアをする。
 洗顔後は、肌の水分が奪われているため、1分以内に化粧水などをしっかり馴染ませ保湿ケアをします。
【洗顔料の選び方】
洗顔料には、さまざまなタイプのものがあるので、自分の肌質に合った洗顔料を選ぶことがポイントです。
<乾燥肌>

乾燥肌の人は、セラミドなど肌の保湿成分が少ないため、メイク落としのクレンジングと洗顔を、
それぞれ使用すると洗い過ぎる場合があるため、メイクも一緒に洗い落とせるタイプの洗顔料がおすすめです。
<脂質肌>
スクラブ入りの洗顔料は、皮膚を傷つける場合があり、必要以上に皮脂を洗い流すので、
シンプルな固形石鹸がおすすめです。
<敏感肌>
弱酸性・無添加・ベビー用など低刺激の洗顔料がおすすめです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ