美肌マニュアル

美肌を目指すマニュアル

美肌作りは食事から!

美肌には重要とされているものは、実は健康やダイエットと同じで、規則正しい生活が重要になってきます。
規則正しい生活というのは、食事、睡眠、休息などなど色々ありますが、特にその中でも食事は毎日のことなので、気を使っていきたいですね。

 

そこでこのサイトでは美肌に効果が期待されるといわれている成分や食材などを紹介したいと思います。

 

【美肌に良い食事の摂り方】
美肌を作るには、健康な身体であることが第一です。
不摂生やストレスは、美肌の大敵ですので、不健康な身体では美肌を手に入れることは出来ません。
美肌に良いとされる食材だけを摂ればよいというわけではなく、
炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の6大栄養素を、
毎日の食事にバランス良く取り入れることが大切です。
身体の内側から、美肌を作り上げる食事を心がけましょう。

 

【美肌に良いとされる食事内容の紹介】
◎偏食をしないで、栄養バランスのよい食事を摂る。
基本的なメニュー ⇒ ご飯(パン・麺類)+ 汁物 + おかず2〜3品
<朝食>緑黄色野菜たっぷりのミックスフルーツジュース・ヨーグルト
<昼食>きのこパスタ・野菜サラダ・玉子スープ
<夕食>ごはん・しじみ汁・レバニラ炒め・サバの味噌煮・ほうれん草のお浸し
・タンパク質の魚・肉・豆類・卵と野菜をたっぷり摂れるメニューを心がけましょう。
・肌に負担をかける成分を多く含む化学調味料や食品添加物などの食材は控えるようにしましょう。
◎規則正しく、朝昼晩の1日3回の食事を摂る。
食事は、1食を抜いたり暴飲暴食をしたりすると、身体に負担がかかります。
規則正しい生活の中で、1日3回の食事に分けて、バランスよく栄養補給し摂取することが重要です。

 

【タンパク質とビタミン類で美肌】
美肌を作り維持するためには、タンパク質やビタミン類が必要不可欠です。
<タンパク質>
全身の健康状態を良くする大切な成分で、不足すると、肌は乾燥し艶を失います。
◎動物性タンパク質(牛肉・鶏卵など)・植物性タンパク質(大豆製品など)
<ビタミンA>
皮脂腺や汗腺の働きによって、肌は保護され潤いが保たれているため、
不足すると、潤いを失い角質層が厚くなって肌荒れが起こります。
◎レバー・うなぎ・鶏卵・緑黄色野菜など
<ビタミンB群>
皮膚の新陳代謝を促し、肌にハリと弾力性を与えるため、不足すると、
皮脂のコントロールが出来なくなり、吹き出物が出来やすくなります。
◎青魚・貝類・レバー・納豆・きのこ類など
<ビタミンC>
しみ・そばかすの原因になるメラニン色素の増加を抑制し、沈着を予防する働きをすると同時に、
コラーゲンを生成し、肌の抵抗力を高めハリを保ちます。

◎緑黄色野菜(ブロッコリー・ピーマン・小松菜など)・果物(イチゴ・キウイなど)
<ビタミンE>
血液循環の促進作用があり、肌の血色を良くし、肌の隅々まで酸素と栄養素を行き渡らせてくれます。
◎ナッツ類・青魚など

 

 

 

おすすめのサイト→http://agnesb-punkplus.com/hanbaiten/osusumehanbaiten.html

ホーム RSS購読 サイトマップ